ボトックス副作用について調べる【ダイレクトな効果は得られる】

  1. ホーム
  2. ボトックスの施術先選び

ボトックスの施術先選び

注射

副作用まで勘案して選ぶ

ボトックス注射は、薬剤を注射する事によって筋肉を弛緩させる事により、特に顔の表情に影響する部分の肌のハリ・ツヤを強化する事を目的とした美容形成施術です。切開を伴わない事から比較的手軽な感覚・安心感が強い事、1980年代から医学応用が始まった方法で実績が積み重なっている事、美容整形の中では費用面でも比較的安く抑えられる事から、人気のある施術法の1つです。こうした利点がある一方で、副作用が無い訳ではありません。ボトックス副作用として代表的なものとしては、注射部分に痛みを生じる・筋肉の弛緩に伴う脱力感が生じる・発疹を生ずるといったものが挙げられます。これらの症状は何れも薬剤由来で起きるものであり、薬剤自体の効力が永続的でないボトックス注射では、副作用症状も一定の期間の範囲内には消失するものとなります。またストレッチや運動を摂り入れる事により、発生リスクの低減も図る事が出来ます。但し稀にではあるものの、呼吸が弱くなるといった身体に大きなダメージを与えかねないボトックス副作用が生じる可能性もある為、適用には注意を要する施術でもあります。施術を受ける際に念頭に置きたいのが、ボトックス副作用の影響はしっかり抑えつつ美容整形としての効果をきっちりと出す事の出来る、施術先の美容外科選びです。判断基準を考えたいところですが、そもそもボトックス注射については施術先によって効果の持続期間が異なり易いという特徴があります。これは使用する薬剤の質や量が影響する点となりますが、持続期間があまり短過ぎると効果が薄いという事になり、同時に頻繁な注射が必要になりますからリスクが高まる要因となります。反面、持続期間が長過ぎる場合は薬剤の量が多過ぎるという事であり、今度はボトックス副作用の重篤化の危険性が高まってしまいます。適切な持続期間・施術間隔については、効力が4〜5ヶ月持続した上で、注射が年2回程度になるのが望ましいとされます。そこで施術事例から、この間隔が維持されているかを探る事が、施術先選びにおける重要な情報となります。また薬剤の注射量は、患者各々の皮膚の質等も考慮して、逐一調整が必要になるものです。従って、経験や技術に長けた医師の存在が欠かせません。そこで施術実績がどの程度あるかという点も、判断材料の1つとなります。