ボトックス副作用について調べる【ダイレクトな効果は得られる】

  1. ホーム
  2. 予約からお帰りまでの手順

予約からお帰りまでの手順

医者

アフターフォローは要確認

綺麗な自分を目指して美容整形を行うなら、医師の経歴や治療費などをチェックして、気に入ったクリニックへ予約を入れるところから始めます。ボトックス治療を希望される場合も同様ですので、先ずは予約を済ませてカウンセリングを受けましょう。事前に問診表などを記入する場合もありますが、医師へ治療して欲しい内容を伝えますと、それに則した診察が行われ、治療内容や料金などを詳しく教えてくれます。また、内出血などのボトックス副作用に関しましても、カウンセリング中に確認しておいてください。当日に治療を受ける場合、カウンセリング後は部屋を移動して、ボトックス治療の準備を行います。顔の施術ならメイクを落とし、注射個所の消毒やマーキングなどを行い、施術の下準備が終わればいよいよボトックス注射です。とはいえ早ければ5分程度、掛かっても10分から15分ほどで注入し終えますので、それほど時間は要しません。万が一、術後に内出血などのボトックス副作用が見られますと、医師や看護師が適切に処置してくれるので任せておきましょう。そして、クリニックによってはアフターカウンセリングが行われることもありますが、基本的に施術が済めば化粧を直してお帰りとなります。原則的にボトックス治療は重大な副作用はありませんが、安心して治療を受けるためにも、アフターサービスが充実しているクリニックを選ぶのがベストです。アフターフォローに対する取り組みは美容整形クリニックごとで全く違いますので、しっかり比較しておきましょう。例えば、治療費にその料金が含まれており、アフターケアを無料で受けられる場合や、格安料金のクリニックなら、術後のケアは別料金となっている場合があるかもしれません。そのほか、ボトックス副作用が出ていないか後日に電話で確認してくれたり、経過観察の定期診察を設けたりしているクリニックなどもあります。そして、中にはボトックス副作用に対するケアはもちろん、満足度に関してもフォローしてくれるクリニックがあるのです。ボトックスの注入量が足りなかった場合など、もしも仕上がりに満足できない時は、規定期間中なら無料で追加治療してくれます。何れに致しましても、ボトックス副作用が起きた際の備えとして、アフターサービスの内容を必ず確認してから治療を申し込みましょう。